インストラクターのブログ
フィットネスインストラクターMITSUYOのオフィシャルブログ
フィットネスインストラクターMITSUYOのオフィシャルブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > お言葉

お言葉のアーカイブ

*(^^)/*聖路加国際病院理事長・日野原重明医師の魂の言葉

  • 2012-01-17(火)01:05
  • 更新日:2012-01-17 01:05

日野原重明先生
うちの父親にも伝えます(*^_^*)
100歳なおも現役で、多くの患者さんたちと向き合い、
全国の講演会や被災地にも足を運ぶ姿は驚異的というほかありません。

聖路加国際病院理事長・日野原重明医師の魂の言葉

自分の人生に起こることを「運命だ」と受け身的に捉える人が多いようですが、
私はいつも「あなたの運命をデザインしなさい」と言うのです。
人生はよいことばかりではありませんが、誰かとの出会いを契機によい方向に変えていくこともできる。

運命は与えられるものではなく、自分から動いてデザインしていくものだというのが私の考え方です。そうやってあなたの生きる道を選び取り、つくり上げていきなさいというのが、いまの私から伝えたいことですね。

人間という存在や命には必ず終わりがある。
その終わりまでの与えられた時間を、どうすればギリギリまで有効に使えるかということを私はいつも考えています。

例えば私はいま2011年から2020年まで使える10年手帳を使ってそこにスケジュールを書き込んでいるんですが、2020年を迎える時には私は数えの110歳ですよ。
とにかく私の命は神様から与えられたものです。その与えられたものに対して自分自身がどこまでも充実して、感謝して生きていきたいと願い、全力疾走を続けているところです。

人生、これからが本番ですよ。これから本当の人生が始まる。あなたの人生もこれから本番が始まる。私は100歳を機に、新たに人生のスタートラインに立つ覚悟を持っています。

先日、サッカーのなでしこジャパンがアメリカにリードされていたものの、後半戦の終盤で追いつき、延長戦でも食らいついた末、PK戦で勝利して遂に世界一になりました。
人生もまた同様に、延長戦の中に本当の学びと実りを持つような、一途一心に歩まんとする姿勢が大切なのだと思いますね。

*(^^)/*名古屋・日の出

  • 2012-01-12(木)07:30
  • 更新日:2012-01-12 07:32

image0003

うまくいくことが
すごいことではない。

うまくいくまで…

あきらめなかったことが、すごいことである!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

*(^^)/*「プロ」と「アマ」の 13の違い

  • 2012-01-08(日)10:02
  • 更新日:2012-01-08 10:04

キムタク

◆「プロ」
1.人間的成長を求め続ける
2.自信と誇り
3.常に明確な目標を指向
4.他人の幸せに役立つ喜び
5.可能性に挑戦し続ける
6.思い信じ込むことができる
7.自己訓練を習慣化
8.時間を有効に習慣化
9.成功し続ける
10.自己投資を続ける
11.使命を持つ
12.出来る方法を考える
13.自分のシナリオを書く

◆「アマ」
1.現状に甘える
2.ぐちっぽい
3.目標が漠然としている
4.自分が傷つく事は回避する
5.経験に生きる
6.不信が先にある
7.気まぐれ
8.時間の観念がない
9.失敗を恐れる
10.享楽的資金優先
11.途中で投げ出す
12.できない言い訳が口に出る
13.他人のシナリオが気になる

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

*(^^)/*お正月の準備

  • 2011-12-30(金)08:16
  • 更新日:2011-12-30 08:33

i_2.jpg

本当の意味で成功し続ける人たちには、ある共通点があることを発見しました。

それは、とにかく「与え好き」だということ。

がむしゃらに成功を追いかけるということよりも、いつも人を喜ばせることを楽しみながら生きているということでした。

「事業の原点は、どうしたら売れるかではなく、どうしたら喜んで買ってもらえるかである。」
by 松下幸之助

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

*(^^)/*自由・不自由

  • 2011-12-11(日)11:02
  • 更新日:2011-12-11 11:18

ƒeƒŒƒr

世の中には、二通りの人間しかいない。

◆自由な人
◆不自由な人
だ。

自由人は、
経済的、社会的、精神的に独立して、誰からの援助も指図も受けない。
その人個人が考えるとおりに人生を生きている。

不自由人は、
経済的、社会的、精神的に誰かに依存している。
だから、
自分は誰なのか、
自分が、何をやりたいかも知れない。
いや、考えようとしないと言ったほうが正確だろう
そして、自分の人生の問題を両親、兄弟姉妹、結婚相手、政府、会社になんとかしてもらおうと考える。

自由人は…
毎日、自由、チャンス、豊かさ、楽しさ、与える喜び、感謝に満ちた生活をしている。

不自由人は…、
窮屈さ、徒労感、貧困、欠乏、競争、嫉妬、イライラ、不満、怒りを感じながら生活している。

どちらの生き方が
いいですか?

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

*(^^)/*おかえしの法則

  • 2011-12-07(水)08:55
  • 更新日:2011-12-07 08:57

19:42

「感謝」と
「笑顔」と
「賞賛」を浴びせると、
その相手はすごく元気になる。

「感謝」の「か」、
「笑顔」の「え」、
「賞賛」の「し」
をとって、
「おかえしの法則」。

笑顔なら、誰でも
福相です!!\(^o^)/

笑顔は、
キャッチボールです!!

自分から投げるから返ってくるんです!!(^_^)

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

*(^^)/*『人から学ぶ』

  • 2011-12-05(月)09:53
  • 更新日:2011-12-05 09:59

2011/11/28 19:19

人は人から学びます。

年をとっても、いつでも自分の生きかたのモデルをもつことは、人生を照らす一筋の光のようなものです。

あの人のようになりたいと願い、さらに超えようとすれば、今度はあなたが誰かのモデルになるでしょう。

あなたが理想の人になるための手っ取り早い方法は、理想とする人を真似る事です。

◆信用される人には
  「お金」が集まる

◆尊敬される人には
  「人」が集まる

◆期待される人には
  「夢」が集まる

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

*(^^)/*心の習慣

  • 2011-11-15(火)11:53
  • 更新日:2011-11-15 11:54

「言葉」が
「意識」を変え

「意識」が
「行動」を変え

「行動」が
「結果」を変える

脳は…「できる」と確信すると、その「確信」の論理的な後ろ盾を与えるべく認知情報処理系が、フル活動をする。

そのため「できる」と確信したことは、必ずできるようになる。

書くと覚える、
覚えると使う、
使うと身に付く。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

*(^^)/*リーダー

  • 2011-11-14(月)01:09
  • 更新日:2011-11-15 11:54

≪Yahoo!ニュースから≫
フリーペーパー「R25」の巻末に、石田衣良氏と交互にエッセイを書いている高橋秀実氏。

そんな高橋さんのまわりには、仕事ができる有能な人材がたくさんいたようですが、意外にも出世していないよう。むしろ、「大丈夫かな」と心配になった人たちの方が、次々と要職に就いていたりするというのです。

彼らの立ち振る舞いを考察した高橋氏は、あることに気づきました。
彼らは、「仕事ができない」というより、
「できない」ことをさらけ出しているようなのです。
「自分はできないので、人にやってもらうしかなく、それを自覚するゆえか愛想がよく、まわりも思わず手を貸したくなる。

実際、こういう人がリーダーになると組織は活性化する。
例えば会議でも、まず彼がダメなアイデアを口にする。
部下たちは"そんなんじゃダメですよ"と思い、次々とアイデアを出す、
というか出しやすくなるのだ。
リーダーがダメだから俺が頑張ってあげようと、優越感とともに能力以上の成果をあげたりするのである」(高橋氏)

リーダーが「できる人」だと、部下は従うしかないといったことが多くみられます。
ミスを犯さぬよう委縮したりするので、アイデアもリーダーの考えのミニチュアになったりすることも。常に新しいアイデアが求められる組織においては、何の益もありません。
リーダーには統率力や決断力が必要などとよく言われますが、

本当に大切なのは本人の能力より、人の能力を引き出す「引力だと、高橋氏は分析しています。

しかし、このことを鵜呑みにして「できない」を正当化したり、
愛想を振りまくことだけに注力していては危険です。「大丈夫かな」と心配されているなかで、要職に就いた人たちはどのような努力をしていたのでしょう。
その想像を膨らませることが、まず大切なのかもしれません。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

*(^^)/*熱意と笑顔

  • 2011-11-10(木)08:35
  • 更新日:2011-11-10 09:52

『熱意が基本』
何事も基本となるのは、熱意である。

四六時中、頭の中は仕事のことでいっぱいになる。そうなると不思議なもので、新しいことが浮かんでくるものだ。
浮かばないとしたら、それは熱意が足りないことにほかならない。
熱意は力なり、必ず到着せんとするところを指させる、一種の引力なり。

仕事に
愛情を持てれば、
仕事には魂が入る。
魂が入るから人の心を動かせる仕事になる。

本気が…
感動を生み出す!

自らの内にある光を
輝かせるとき、
無意識のうちに
他の人々を輝かせることが出来るのだ。

自分らしく
光り輝いてくれたら…
この世は素晴らしい♪

あなたの『笑顔』が周りを明るく照らす♪

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

*(^^)/*量

  • 2011-10-08(土)07:16
  • 更新日:2011-10-08 07:16

20111008

膨大な量からしか、
本当の質は生まれない。

一流と呼ばれる人たちは、皆、膨大な時間を使って自分の質を高めているようです。

「つらいなぁ」というのは、大きな運をつかむ予兆。
そこを逃げずに踏ん張ることが大事。
ここ一番で踏ん張れるかどうかが、人生の境目かもしれません。

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

*(^^)/*今日のお言葉

  • 2011-07-07(木)10:49
  • 更新日:2011-07-07 10:50

大井PTのブログより・・・
http://body-ex.blogfit.jp/

Professional

他人の何倍もの収入を得るその職業のプロは、
『誰かがモチベーションをかけてくれる』のを待っていてはいけない。

自分でモチベーションをコントロールしていかなければならない。

付き合う人間、取得する情報、読む本、出席するセミナー、
他人との会話、自分自身との会話、感情、考え方、振る舞い、
行動などを自分で選択して、コントロールしなければならない。

プロフェッショナルはトレーニングを欠かさない。
プロフェッショナルは常に最前線にいる。

それがプロフェッショナルの条件だ。

プロらしく考え、プロらしく振舞い、
プロらしく行動することができる。

そして、プロにふさわしい報酬を得て、
プロにふさわしい尊敬を得ることができる。

あなたがプロになるのもアマチュアでいるのも自分の選択次第なのだ。

プロになれ!

仕事だけでなく、人生のプロに!

自分の選択に注意して、
モチベーションを維持するのだ!

  • コメント(閉): 0
  • トラックバック(閉): 0

ホーム > お言葉

カレンダー
« 2017 年 5月 »
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
QRコード
リンク
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る